そう、ここでまだピットインしないであと1周走り続けたのが
ジェイソンさんとJOSHO1さんの2チームでした。
(確か...^^;)


バイクに異常はなし。ピットイン作業を終えて、ガソリン補給。
ライダーはつっちゃんに交代です。そしてつつがなく3分きっちりで、
ピットアウトして行きました。
どう見ても、ここまでは完璧。

すると、先行していた2台がピットインしてきました。
ピットインがピットロードも含めて約3分20秒なはず。
しかし、こちらがピットアウトした直後に入ってくるとは.....(〇o〇;)


こ、れ、は、、、、、や、ば、い、、、、、、か、な。



2d609cae.jpg
<SS FUSE HPより>

うちのバイクはアウトラップでもあるので、当然タイムがかかっているはず。
そしてこの2台はつっちゃんがまだ帰ってきていないのにピットアウトして行きました。
そう、このタイミングですでに若干ですが、差できてしまったのです。


うちはトップ集団ではなくなってしまったということです。
ゞ( ̄∇ ̄;)

作戦ミスというか、偶然というか...と思っていましたが
どうも2台になったときにペースがかなり上げて走られたようで
これが原因と考えられますが、作戦であるならは超高度戦術です。(>_<) 


しかし、5台の集団であれば、少し前の2台の集団を吸収することが可能なので
これを期待してTVを見ていましたが、なんと先行した2台のタイムのほうが少しだけ速い。
集団であることでのマイナス面が出てしまった形です。
しかも、ここは集団で走ることが前提の作戦ですから、如何ともしがたい。
とはいうものの3位集団にはきっちりはいっていましたので、悪いわけではありません。


そして、そのまま第3ライダーのササさんに交代です。


2612f0ec.jpg
<SS FUSE HPより>



これまでは集団で走れていましたが、ピットインのタイミングやなんやかんやで
ここまで来ると(3時間目)になるとすでに大きな集団を消え去り、単独走行を
余儀なくされます。今年の日曜日は台数も50台と少く、スリップストリームを
いただける区間が少ないので、かなりラップタイムも厳しい状態です。

ピットインのタイミングのかげんから、タイムチャートも1LAP遅れとの表示だけになり
順位はわかりますが、その差は目視でないとわからないようになってしまいました。
また、どのチームがピットインしたかしてないかの私の勘違いもありました。


よく分からないながらも、ここからの作戦を考えました。
1位への逆転を考えて、計算するとここからの約25周、
3'22秒で走ればトップに追いつく可能性があります。

ライダーチェンジを実施。ピットイン、最終ライダーのトーイとなりました。

....... to be continue.







Trackback(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: いってきました。2011鈴鹿ミニモトST4時間耐久レース。(決勝2)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kidsmoto.com/mt-tb.cgi/888

アクセスカウンター

本日 : 

昨日 : 

累計 : 

installed at 23,November,2009
Powered by Movable Type 4.261