ポールシッターとは浮かれるものなり

  されど、その心、驕ることなかれ。


          2011.9.11  トーイ父


 











ま、こんなもんやったらいいでしょう。

ジャンプとかね。

年に2回のお祭りなんですから。(ST、OPEN)


blog_CIMG8481.jpg










ま、いいでしょう。

写真をとってもらったりね。(ありがとうございます)

年に2回のお祭りなんですから。(ST、OPEN)


blog_CIMG8477.jpg








んもー、えええやろ。

スタート前のコンセントレーションだっちゅーの。

ホンマ、(▼▼)

被害に合われた方には大変申し訳なく思います。<(_ _)>


blog_CIMG8455.jpg







そんなこんなで、決勝レースの始まりです。


決勝レースですが難しいレース展開を予想していました。

スリップがないとタイムがでないので、なんとか4時間を集団で

走り切りたいと考えていました。



このレースの展開はここ毎年、4時間も走りぬいて数秒差のトップゴール。



これはトップ集団で走り続ける事が勝利への近道である事を

示しているように思います。



そこで1番問題ななるのがピットイン。

ピットインのタイミングを逸するつと単独になってしまいます。

また、きっちり3分で出ていくことが必須です。

あれやこれやいろいろ考えて、トーイに知恵を授け、あとは天命にかけます。




決勝スタート。

大きなトラブルもなく皆さん順当にスタートを切りました。

HOLESHOTは取ったか、取らなかったか...微妙。



淡々とトップグループの中で走行を続けています。

去年はここで接触して転倒を喫してしまいましたので

見ている分にはドキドキです。




d17e3d59.jpg





今年もやっぱり先頭集団のポジション取りは難しく、

何台かが転倒して脱落していきます。

集団の後ろの方は危険ですね...

しかし、スリップで出たりでられたりがあるので

先頭付近ばかりにはいられません。



なんとか、1時間走りきってあとはピットインをタイミングまち。

すると、7,8台の集団のうち、2台を残してぞくぞくとピットイン。

そこで、トーイもあわせてピットインして来ました。

この時は作戦バッチリと思っていましたが、

なんとこれが後々になって響いてきます。 ・・σ( ̄∇ ̄;)



そう、ここでまだピットインしないであと1周走り続けたのが

ジェイソンさんとJOSHO1さんの2チームでした。

(確か...^^;)




to be continue........









Trackback(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: いってきました。2011鈴鹿ミニモトST4時間耐久レース。(決勝1)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kidsmoto.com/mt-tb.cgi/885

アクセスカウンター

本日 : 

昨日 : 

累計 : 

installed at 23,November,2009
Powered by Movable Type 4.261