なんと、鈴鹿が前回のストックのレースの反省も元に規則変更を実施されたようです。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

●大会特別規則書の追加訂正
 本大会特別規則書 第33条 ? 1)を一部以下の通り追加訂正する。
 
 ライダーは連続して1時間以上走行してはならない。レース中、各ライダーの走行時間管理は、ピットロード
 出口を通過することで走行開始と判断し、コントロールタワー前のピットロードを通過することで走行終了と
 判断される。但しチェッカーを受ける最終ライダーの走行時間管理はスタートより4時間経過時刻で
 終了する。
  
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

驚き。?(◎o◎)/!

エントラントの意見を聞くんですね。ちょっと、見直しました。

...それとも、ラップシステムとしてややこしいのでやめたかな?

   

CIMG4592.jpg

 

ま、それはどちらでもいいのですが、新しい規則。

 

  「但しチェッカーを受ける最終ライダーの走行時間管理はスタートより

  4時間経過時刻で終了する。 

 

なんとなくわかるようで、なんとなくよくわからん表現。

ようするに

 「最終ライダーは3時間過ぎてから走り出すように」

ということですね!!

 

何でもいいけど、速いやつが勝つという良い改正だと思います。

 

 

  

 







Trackback(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2009 鈴鹿ミニモト4時間耐久 規則変更!!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kidsmoto.com/mt-tb.cgi/431

アクセスカウンター

本日 : 

昨日 : 

累計 : 

installed at 23,November,2009
Powered by Movable Type 4.261