iPhoneにはマップ機能があります。

地図が表示されるわけですが、その地図はPCのGoogleと同じもので

衛星写真も表示できます。

     

  IMG_0169.png  IMG_0176.png

一番、すごいのはGOOGLEストリートビューにも対応していることです。

また、機能もGOOGLEと同じように「検索」「ルート探索」がありかなり便利に使えます。

当然、GPSも内蔵しているので現在地の把握も簡単です。

 

上記の機能を使った私のつかいかたを御紹介しましょう。 (^?^)

 

知らない場所でラーメン屋さんに行きたいと思ったら、まずはその周辺で

「ラーメン」などの言葉で検索します。

すると、上記のようなに検索結果がでてきます。

お店を選ぶには情報が必要ですので、ポップアップしているブルーの矢印を押すと

お店の情報が出てきます。さらに"WEB"をクリックしますと、お店のホームページが

みれて、メニューなども確認できます。

 

IMG_0168.png IMG_0167.png

 

つぎに店構えなども気になりますので、最初の検索結果の画面から今度は オレンジの

矢印をクリックします。すると、GOOGLEストリートビューがみれて、お店の雰囲気も

よくわかります。

IMG_0165.png

 

さて、御店は決まったので出発。最初の画面で「経路」をクリックすると

車、電車などの選択肢がありますが所要時間と経路が地図上に表示されます。

そこで、「開始」をクリックするとルートナビゲーションがスタートするというわけです。

 

IMG_0174.png  IMG_0175.png

 

どーですか。車のナビゲーションシステムに似ていますが、ベースがGOOGLEの

データなので情報量が格段に上です。

しかも、気軽に持ち歩ける....って、電話だから当たり前か...このサイズで

この機能は特筆すると考えています。

 

ソフトバンクの回し者ではありませんが、いいとおもいますよ、iPhone。

買っちゃったら、教えてくださいねー (●^o^●)

 

そうそう、行きたい場所とは逆方向に高速を走ってしまう人には特にお勧めです。

 

  

 







Trackback(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: iPhoneのすすめ。第1弾 マップ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kidsmoto.com/mt-tb.cgi/429

アクセスカウンター

本日 : 

昨日 : 

累計 : 

installed at 23,November,2009
Powered by Movable Type 4.261