CIMG4615.jpg

 

決勝はスタートライダー トーイ、カワバタさん、マツMさんの順番です。

作戦として、できれば3回ピットでいきたい、難しければ4回というものになりました。

 

スタートはいつもならが、華やか。有名チームの皆さんも大集合。

CIMG4620.jpg CIMG4626.jpg

CIMG4621.jpg CIMG4623.jpg

CIMG4629.jpg CIMG4630.jpg

 

毎年恒例の2009 KINXILE(キンザイル)で盛り上がります。

http://www.kidsmoto.com/2009/09/suzuak.html

 

今年もスタートはバイクを押さえてくれている人がキックするようで、今回は

マツMさんにお願いして安心です。

そして、スタート!!

無事1周目をかえってきて、凄い台数の先頭集団ですが30番手前後です。

走行している間に、ティ・クラフトレーシングさんがKSRのファステスト!! 3'21.566 。

げっ、(ーー;) こりゃ凄すぎる。

さすが先頭集団で超スリップ状態でのタイム。同じぐらいにいるので、トーイも

タイムがと思いますが、3'23.397といまひとつ。そのまま1回目の交代となりました。

 

さて、ここからが作戦の大事なところ。結局トーイがはした時間が58分...。ということは

ピットストップの3分足して、1時間1分。1分の余裕が生まれたkとになります。

これを通算していけば、3ピットでいけるのかがわかるというもの。

作ったツールで、この後のシミュレーションを行います。私IT技術者ですから。(^^ゞ

  excelst.gif

第2ライダーはカワバタさん。約30分の走行でピットイン。そして、第3ライダーは マツMさん。

何とか、KSRクラスでは2位をキープしていますが、この時点で作戦は4回ピットに

移行しており、ピットインが多い分1位はかなり遠い感じになってしまいました。

と、思っていましたが2回目のトーイの走行中になぜかKSRトップに。

しかも、1分程度リード???何でやろ、と考えていると「そうか、トップのチームも

4回ピットイン作戦や」ということに気づきました。

このままいいタイムで走り続けると、トップでゴールも夢ではないと思いましたが

トーイが単独になってしまったタイムが全然伸びません。(ーー;)

走行時間の限界が近づき、マツMさんのライダーチェンジ。とそのときタイム差60秒で2位。

マツMさん懸命の走りで45秒まで短縮しましたが、ここまで。

 

KSRクラス、トップチームは速かったですね。

優勝も、コースレコードも持っていかれてしまいました。

やっぱり最初の集団での走りが、タイムやあとの順位に大きくかかわってきます。

大事なことを学びました。

 

かなり楽しい3日間でした。ご協力いただいた方々、応援してくれた皆さん

ありがとうございました。

今回の教訓を胸にオープンクラスはバッチと頑張りま?す。

CIMG4494aa.jpg

 

 

  

 







Trackback(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: いってきました。2009"NANKAI"鈴鹿Mini-Moto 4耐 後編

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kidsmoto.com/mt-tb.cgi/424

アクセスカウンター

本日 : 

昨日 : 

累計 : 

installed at 23,November,2009
Powered by Movable Type 4.261