さてさて、午後から決勝。毎度の事ながら寝ております。
s-CIMG0176.jpg

しかし、隣をみると....。スーパーなライダーになるためには睡眠は大事な様です。安心しました。
s-CIMG0177.jpg

さて、決勝スタートです。練習の成果を生かすとき!!

最初の試練は、私が借りたツナギを着ること。貸してくれた○本さん( 感謝<(_ _)> )が「う?ん、私が一番大きなときのやから入ると思うんやけど」と言われてたんですが、なかなか入らない。
たぶん私より身長は大きそうでかなりガッチリ系なのに、私はいったいどこまで大きくなってしまったんだろうと、AKIRAの鉄雄のような不安感にさいなまれながらも、何とか着れました。しかし、これが以上暑い。結構、皆平気な顔をしているのに私だけ汗ダク。「汗かきデブッチョ」とはこの事かと実感した瞬間でした。images.jpg これ、鉄雄です。 → AKIRA

そして、天候がよく読めないのでセッティングが...。今のところは降っていないし、ライン上はほぼドライな感じですが、非常に難しい路面。しかも、雨が落ちてきそうです。さて、どーするか?結局ドライセッティングでいくことにしました。(#40:BPアユム号、#42:BPトーイ号です)
s-CIMG0163.jpg

サイティングラップへスタート。スタートラインにかえってきたときになるべく暖気をするように、エンジンをかけておきました。最後にレーシングしないで回転数を上げてそのままキルスイッチ。(キャブによってはあんまりレーシングしないほうがいいキャブもあるそうで)ま、要は細心の注意をはらってスタート位置につきました。

ルマン式スタートの位置につきます。最大の試練に立ち向かうこととなりました。
さぁ、スタート10秒前、ドキドキします。スタート!!こちらに向かってダッシュしてきます。まずは、こけずにすみました。そして、またがってキッーーーーーーク。なんと!!バババン!!と1発で始動。ギアをいれてスタートしていきました。やったー!!先に数台にはいかれましたが、現時点では最高のスタートでした。しかし、アユムはキックがかからなかったようで最後尾からのスタートとなってしまいました。

レース展開はというと、1周目かえって来たときには先頭集団にぶっちぎられておりました。この難しい路面状況でトップ、マ○ウ○さんは2分をきるタイムで走行。なんと中盤にはベストタイムが2分56秒7とこの路面では驚異的なタイム、2番手集団も2分フラット近辺で走行しています。トーイはというを経験不足でしょうね。最初の方は1周1秒ぐらい離される感じです。しかし、なんとか4、5番手を走行しております。アユムは鬼神の追い上げで毎周かなりの台数をパスしてきています。
s-CIMG0118.jpg s-CIMG0126.jpg

1時、ピットウォールにいるのも厳しいほどのかなり激しい雨が降るなどありましたが、問題になるような事もなく、1回のピットスルー走行も終わってあとは15分程度(8周ぐらい)を走行するだけになりました。現在、4位。しかし、確か3位のバイクはピットに入ってきていないような...と思っていると、そのバイクがピットスルー走行。ここで、トーイが前に出て3位に!!そして、そのままチェッカーとなってオープン初表彰台となりました。
s-CIMG0188.jpg
s-CIMG0194.jpg s-CIMG0179.jpg s-CIMG0180.jpg s-CIMG0189.jpg

「いやー、いいレースでした、まったく.......」とここで終わりたかったんですが、なんと続きがありました。

表彰後終了後、バイクを車両保管する為に車検場へ。すると、「ハイ、ガソリン検査しまーす」との事。検尿のような容器を渡されてそこにガソリンを入れろと。「ん?なんか変なガソリンを入れてるとダメなんかな」などと思いながら、車検場をあとにしました。すると、後から呼び出し。
「OKAYAMAロードレース特別規則書 第14条 ガソリンの規定に違反しているので失格です」。
えーーーーーーー、知りませんでした。岡山国際のミニバイクのレースでサーキット内のガソリンしか使用してはいけないと言うガソリン規定があるのを。そのとおり、家の近所で買ったハイオクです。¥20/1Lの差額でレースを不意にしました。
めっちゃ、ショック...というよりも、トーイになんて言おうか........最悪。

トーイを呼び出して、「シカシカカクカク」と話すると、うつむきながら「しゃーないな」の一言。怒ってくれたほうがまだましな雰囲気です。その後、帽子をまぶかにかかぶり、がっかりしてぶらぶらするトーイですが、父反省然りです。今度からは、規則書を目を皿のようにして読みます。その後、BPの皆さんや、ナホコ先生になぐさめられてちょっとを気がまぎれようでした。感謝<(_ _)>
s-CIMG0199.jpg

それから、1時間ぐらいたって車両保管解除。バイクを取りにいきました。アユム(結果4位、凄い上げでしょ。(^O^))も一緒になって、写真撮影をしました。2人とも今回も何かとバタバタをレースをしましたがなんか晴れ晴れとして楽しそうでしょ。この写真は宝物になりました。
s-CIMG0203.jpg

これからも2人、おないのいいライバルとして走っていってもらいたいです。

なんていい感じのことを思っていると、この2人、「こっから、レースやーーー」といって坂道を足でこぎこぎ走っていきました。
s-CIMG0206.jpg
s-CIMG0207.jpg

s-CIMG0208.jpg

中学1年になっても、競争バカでした。 (^O^)/


競い合うのが好きな方も、嫌いな方もクリック <(_ _)>>>にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ







Trackback(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 岡山国際(OKAYAMAロードレース)60分耐久レース(決勝編)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kidsmoto.com/mt-tb.cgi/294

アクセスカウンター

本日 : 

昨日 : 

累計 : 

installed at 23,November,2009
Powered by Movable Type 4.261