....、.... 

「ヒデブー (北斗の拳風)」 といいたいぐらいの暑さです。



さー、決勝。

何とか予選もこなしましたが、


 ちょっと不安な、ルマン式スタート、

 かなり不安な、決勝でいきなり新品タイヤ

 各チームの動向が気になるライダー交代タイミング、

 ペアライダーのイズモトさんは10周走ったぐらいなので練習不足?



ちょっぴり緊張感が漂います、FUSEチーム...  (^^ゞ


CIMG6958.jpg



しかし、なんとなく皆さん、タイムから見ても予選はフルパワーじゃなかったような気がします。

まー、ルマン式ということもありますが、シングルぐらいにいれば決勝で

追いつきますからねー。



強豪チームですね。なんとな着いていきたい。

ほんと、こればっかりは第1グループにいることが大事です。

離されると絶対に追いつかない、これが経験則です。




CIMG6980.jpg CIMG6982.jpg
 
 
CIMG6983.jpg CIMG6984.jpg






CIMG6987.jpg


そして、スタート!!

ピットから遠くて見えませんが、アナウンスの声でトーイの名前がよばれます。

 やば、シクッたか?

アナウンス 「 いいスタート、切ったのは コーノイケトーイ !! 」

 おー!! (^O^)/

初めてじゃないだろか?スタートがいいなんて。

幸先がいい感じです。


そして、1周目、ガッチリ3台

 ホンダドリーム神戸灘vsジェイソンズさん

 WirusWin&SMG6→7さん

 FUSE

でトップグループを形成しています。
 

CIMG6989.jpg


最初は何とか皆抜け出そうとして、タイムを上げ気味でレースをしていましたが

結局脱出できない。

このまま、毎周スリップストリームで順位を変えながら、周回を重ねていきます。

こう着状態が長く続きます。



45分すぎ、チャンスがやってきました。

スタート失敗か何かで後方に下がっていたSP-2ST (予選トップ) のマシンが

後方からやってきます。

こちらは全然タイムが伸びていないので (2'17前後)、現在走っているタイムより3秒ぐらい速い。

しかも次の周には抜かれそうな勢い!!

これにくっついていけば、脱出できるかも知れない!! Luckyっか!?!

ということで、サインボードを出します。

すぐさま、トーイは後方確認。

 (^^♪  おっ、わかってるやないか、そうそう、後ろから速いの来ているで

 がんばってついていけー!!


次の周......

  おまえ、たった1周で

  もうめっちゃ離されているやないか (ー ー;)


  ついていく努力はしたんやろうな。

  ちゃんと考えてるんやろうな。

  (-。-) ブツブツ.....

  昼ごはんはちゃんと食べたんやろうな。

  (-。-) ブツブツ.....

  作戦わかっていて、その状態なんやろうな。

  (-。-) ブツブツ.....

  人間万事塞翁が馬なんやろうな

  (-。-) ブツブツ (-。-) ブツブツ (-。-) ブツブツ.....



まー、なんやかんやで後半です。





状況は一考にかわらず。うちのチームとしては、各チームのセカンドライダーさんが

何秒位で走るのか確認しないと、交代できない状況です。

というわけで、各チームの交代を待っていますが、まったく動きがありません。

ひたすら待ちます。  (-_-;)


すると、1チームピットイン、、、そして1、2周後にもう1台もピットしてきました。

たしか、この時点で70分目ぐらい。

すかさず、ペースアップのサイン。

第2ライダーのアウトラップで引き離したいところ。

ここはがんばりました。一気にペースアップ。 (^^♪

  2'13.684

今回のレースのFASTESTがこのタイミングででました。

そして結局、安全マージンまで引き離すのに、最終周付近までかかるという結果に。



  えー、5分前にピットインを出せば大丈夫なはず...

  お、5分数秒でかえってきたから、L2を出してと。



アナウンスでも、ピットインしていないが大丈夫かと放送が流れてきます。

 アナ 「この周にはいらないとやばいんじゃないでしょーか??」


  え? まだだいじょうぶでしょ。

  つぎ、帰ってくると、3分前、ピットインのサインをだして

  ライダーチェンジは1分前.....ギリギリやわ。

  ちょっと何かあると... (ーー;)  やばい感じ

  でも、まー、大丈夫でしょー



マーシャルの方もやってきて、大丈夫ですかといってくれています。

 マー 「90分過ぎて、トップがゴールしたら、ピットから出れませんよ。」

 私  「うちが今、トップだからダイジョウブです。」

 
 そうそう、大丈夫なはず.....トップやから.....


 トップって....

 やっぱ、ヤバイ。

 良く考えてみると、SP-2STとの混走

 トップといえばそのSP-2STじゃないですか。

 もし、うちがピットレーンに入ってきて、ライダー交代、コースインするまでに

 ジャストなタイミングで90分経過、SP-2STが入ってきたら...

 \(◎o◎)/! しくじったか? 

 いやいや、ギリギリイケるはず。


 ピットインのサインを出して、そして計算どおり1分前にピットイン。

 エンジンストップ、ライダーチェンジだけして、給油もなしにそのままピットアウト。

 間に合いました。

 あー、あせったー。


 そして、トップでゴール。

 2位とは12秒差、気持ちギリギリでしたね。



CIMG6999.jpg


CIMG7009.jpg



他のチームのミスもあったり、岡山国際ならではの作戦などでかなりキワモノでしたが

なんとかFUSEさんが参加させてもらった初レースを優勝で飾ることができました。

応援いただいた皆さん、ありがとうございました。




ストックの次戦はもう

 「2010 鈴鹿Mini-Moto4時間耐久ロードレースNANKAI CUP Mini-Moto STクラス」

です。

まー、申込がこのレース前日で岡山国際からipadで申し込みしましたが


 日曜日にしました。  (●^o^●)


ご参加の皆さんはよろしくお願いいたします。













Trackback(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: RR第4戦SP-4ST 決勝 @岡山国際サーキット

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kidsmoto.com/mt-tb.cgi/601

アクセスカウンター

本日 : 

昨日 : 

累計 : 

installed at 23,November,2009
Powered by Movable Type 4.261