色々と調べていると、違うもんですね。

私が購入したスペアエンジンはどうも2005年式(鉄フレーム時代)のもののようです。

大きく違うのは、クランクケース。ケースの機能は代わりがないようですが

エンジン内のオイルパン容量が違う!!


2005wr250parts10.jpg2009wr250parts10.jpg


おなじドライサンプ方式ですが、鉄フレーム時代はエンジン内にオイルが残らない。

最近は残るようになっているようで、フレームを利用している別体オイルタンクの容量も

全然違うようですね。

1番、困っているのはエンジンからのオイルの取出し口が

 2005年式 オイルポンプ(IN)とアウトの2本
 最近     オイルポンプ(IN)2本とアウトの3本

なんでか良くわからん。

仕様の違うエンジンはやっぱきびしいかなー。




結局、昨日は3周走っただけで終了。

鈴鹿の皆さん、ご迷惑おかけしました。 <(_ _)>

今日はエンジン換装。

あー、やっぱ付け焼刃はいけませんね。





WR250FK
--------------------------------------------------------------------
エンジン種類 水冷4ストローク DOHC5バルブ
排気量 249cm3
内径×行程 77×53.6mm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
キャブレター KEIHIN FCR-MX37
点火方式 C.D.I
スパークプラグ NGK CR8E
潤滑方式 ドライサンプ
変速 ミッション5速


2005年 YZ250F
--------------------------------------------------------------------
原動機種類  水冷・4サイクル・DOHC・5バルブ
気筒数配列  単気筒
総排気量  249cm3
内径×行程  77.0×53.6mm
圧縮比  12.5:1
最高出力  30.9kW(42.0PS)/10,500rpm
最大トルク  28.4N・m(2.9kgf・m)/8,500rpm
始動方式  キック
潤滑方式  強制圧送ドライサンプ
エンジンオイル容量  1.2L
キャブレター型式  FCR37×1
点火方式  C.D.I.式
1次減速比/2次減速比  3.353/3.769
クラッチ形式  湿式多板
変速機形式  常時噛合式前進5段
変速比  1速/2.143 2速/1.750 3速/1.450  4速/1.227 5速/1.042


2010年 YZ250F
-------------------------------------------------------------------
原動機種類  水冷・4ストローク・DOHC・5バルブ
気筒数配列  単気筒
総排気量  249cm3
内径×行程  77.0mm×53.6mm
圧縮比  13.5:1
最高出力  NA
最大トルク  NA
始動方式  キック式
潤滑方式  ドライサンプ
エンジンオイル容量  1.2L
キャブレター型式  FCR-MX37
点火方式  C.D.I.式
1次減速比/2次減速比  3.353/3.923
クラッチ形式  湿式多板コイルスプリング
変速機形式  リターン式5段
変速比  1速/2.143 2速/1.750 3速/1.444  4速/1.222 5速/1.042













Trackback(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 微妙 YZ250F、WR250のエンジン。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kidsmoto.com/mt-tb.cgi/537

アクセスカウンター

本日 : 

昨日 : 

累計 : 

installed at 23,November,2009
Powered by Movable Type 4.261