29991231.jpg

 

すっと入っていけるお子さんはいいのですが、そうでない場合は、

まず、その気にさせるのは日々の教育から。

「バイク楽しいでー」、「パパのバイクに乗ってみる?」などとそそのかし、

なんかぴゅーと速いし、**ライダー、**レンジャーみたいでカッコイイと思ったら しめたもの。

腕や足にガードなんかつけちゃて、「カッコいい」なんておだてたりすると、

鏡の前でファイティングポーズをとってはしゃいで見たりします。

ちなみに、私の友人の子供はバイクにノリノリ気分だったんですが、

 「パパのバイクに乗ってみる?」

 「うん。(^O^)/」

で、バイクのシートの前に乗せて疾走したところ、あまりスピードを出しすぎために

バイク嫌いになってしまいました。

やりすぎには、ご注意ください。







Trackback(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: キッズバイクレースのノウハウ とはいえ 私の知識なのでご参考程度に。 (^^ゞ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kidsmoto.com/mt-tb.cgi/256

アクセスカウンター

本日 : 

昨日 : 

累計 : 

installed at 23,November,2009
Powered by Movable Type 4.261