2006年の作品。

MARVELのアメコミの映画化。


期待していませんでしたが、ニコラス・ケイジということで

見てみたら面白かったです。


要は、ヒーロー物。

バイクに跨ったゴーストライダーが悪魔のような奴らを

やっつけていきます。


これもグロなく、大変楽しめました。





なんとなく、続編をつくりそうな雰囲気で終わりながら

次回作が出来ていないのは残念ですね、


アメリカのヒーロー物って、カッコ悪いものが多いような気がします。

ハルクとか、デアデビルとか。


これはこれで日本で言えば、なんとなく黄金マスク。 古〜い!!!


  σ( ̄∇ ̄;)



しかし、最近の映画はCGや特殊メイクがリアルすぎて、気持ちが悪いですね。

そんなにリアルさを追求しないといけないものなんだろうか。

こんなにリアルに出来るんですよーーーーーって、自慢されて感じ。

痛そうな画像なんて見たくないです。

(●`ε´●) 見てるだけで痛い!!



楽しめる、面白い、イケテル、こんな感覚とは関係ないもののように思います。
















Trackback(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: おすすめ映画。ゴーストライダー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kidsmoto.com/mt-tb.cgi/709

アクセスカウンター

本日 : 

昨日 : 

累計 : 

installed at 23,November,2009
Powered by Movable Type 4.261